• ホーム
  • ED治療薬シアリスの特徴と副作用

ED治療薬シアリスの特徴と副作用

話し合っているカップル

ED(勃起不全)は男性にとって深刻な悩みです。
ただ、幸いなことに、EDには治療薬がありますから、投薬治療をすればEDを改善することができる、少なくとも一時的に機能を回復させることができます。
2013年8月の時点において、世界シェアNO.1のED治療薬がシアリスです。
2002年の発売以来、世界100ヶ国以上で1000万人の人が使用しています。
他にもED治療薬はありますが、シアリスにはシアリスならではの特徴があります。
最大の特徴は他のED治療薬に比べて、効果の持続時間が大幅に長いことです。
従来のED治療薬ですと効果の持続時間は、せいぜい4~6時間程度なのですが、シアリス20mgの場合、何と36時間も効果が持続します。
従って、金曜の夜に服用すれば、日曜日の昼間まで効果が持続することになるのです。
ただ、36時間効果が持続するといっても、その間、常に勃起状態ということではないのです。
あくまでも勃起を補助する薬なので、服用しても、性的な刺激、性的な興奮がなければ勃起しないようになっています。
ですから、違和感無く、安心して使用することができます。
また、食事の影響を受けにくいのもシアリスの特徴です。
従来のED治療薬は、食事の影響を受ける為、空腹時に服用しなければならず、それ故、服用のタイミングに神経を使う必要があります。
シアリスの場合も空腹時に服用した方が、効果的です。
但し、メーカーの発表によると800kcalまでは食事の影響は受けないとされていますので、他のED治療薬に比べると服用のタイミングに神経を使う必要がないのです。

シアリスの副作用

副作用に関しては、頭痛、潮紅、ほてり、消化不良等といったことが報告されています。
また、硝酸剤を使用中の人、最近3ヶ月以内に心筋梗塞を起こした人、最近6ヶ月以内に脳梗塞や脳出血を起こした人等は服用できないことになっています。
この様な副作用が発生するかどうかは、薬と人との相性や健康状態によって決まります。
たとえ万全な状態であっても、間違えた飲み方をすると深刻な副作用が発生します。
異常を感じた際は、速やかに医師の診断を受ける様にしましょう。

シアリスは個人輸入で手に入れられる

シアリスの入手は通常、病院で処方されるのが一般的です。
ED外来や泌尿器科などで処方することができます。
その他に通販サイトを使って海外からシアリスを個人輸入する方法があります。
個人輸入とは外国の製品を個人で使用するのみ、通信販売業者や小売店などから直接購入することです。
なぜシアリスを病院での処方ではなく個人輸入するかというと安さにあります。
個人輸入では病院でかかる診察料、処方箋料、調剤技術料など一切かかりません。
通販では手数料などかかりますが、それでも病院の処方よりも安く手に入れることができます。
安く購入できることができる反面、個人輸入で注意することは直接海外とやりとりするので偽物のシアリスが届いたり、注文しても届かないなどリスクがあります。
そんなトラブルに合わないためにも、本物の医薬品を取り扱う通販サイト選びが重要です。
シアリスを個人輸入できる通販サイトは多く存在しますが(アット通販)というサイトはシアリスを含む多くのED治療薬を取り扱っていて購入しているユーザが多い印象です。