• ホーム
  • 薬事法の範囲内でシアリスを個人輸入できるか?

薬事法の範囲内でシアリスを個人輸入できるか?

シアリスなどのED治療薬を頻繁に使用している人たちにとっては、治療薬の価格の高さが悩みのたねです。
それだけに、何とかして安く手に入れたいと思っている人も多いかと思われます。
健康保険を使えばよいのでは、と言われる方もいるかと思われますが、インポテンツ治療薬は保険適用されませんので、病院にいっても全額自己負担です。
最近ではシアリスという薬の人気が高く、通販だと安く購入できます。
この様な薬をインターネットの通販経由で手に入れることは、違法だと思う方も多いかもしれませんが、実は合法です。
個人が使用する目的で、個人が輸入するのは全く問題ありません。
但し、個人が輸入して他人が使うことは許されていません。
飽くまでも、自分自身が使うと言う事です。
また、シアリスなどの治療薬ですと個人の利用量の1か月分は輸入できますが、それ以上は輸入することができません。
大量の輸入は販売目的であると思われるからです。
上記の様な薬事法のルールを守れば、個人輸入は認められています。
他にも、インターネット通販には沢山のメリットがあります。
値段が安いほかに、バイアグラ、レビトラ、シアリスだけでなくカマグラなどの正規品に加え、ジェネリック製品まで扱っています。
その他にも、多くの種類の薬が自宅にいながら気軽に買い物ができます。
インターネット上には、この様なサイトに関する口コミや、購入者が実際使ってみた感想などが書いてあるサイトもあります。
これらを参考にして買うのも良いと思います。
EDのことで病院に行くのはなんとなく気が引けます。
異性の看護士の前で、恥ずかしい経験や症状を話さなければいけないとか、性器を見せなければいけないとか、気が引けるような事が数多くあります。
ED治療薬の通販は病院に行くのが嫌な人にとってはとても良いシステムです。
上記の様な薬事法のルールを守れば、とても良いシステムなので利用したことのない人は利用してみてはどうでしょうか。
但し、服用に関しては全て自己責任となる為、事前の情報収集が重要です。