News
笑顔の男性

勃起薬とは勃起不全の患者が服用することにより、症状を一時的に改善させることができる医薬品です。
その中のレビトラという薬の効果をもたらしているのは有効成分として含有されているバルデナフィルの働きによるものです。
バルデナフィルを体内に投与すると、ホスホジエステラーゼ5型(PDE5)と呼ばれる酵素を阻害する働きをします。
PDE5は、平滑筋の弛緩に関与する環状グアノシン一リン酸(cGMP)を分解する働きがあり、PDE5を阻害することによってcGMPの濃度が高まった状態が維持されやすくなり、平滑筋が弛緩しやすくなります。
平滑筋が緩むと、陰茎海綿体の血管が拡張されて血液の流入量の増加が起きるとともに陰茎からの血液流出量が減少し、やがて陰茎の膨張がはじまります。

勃起不全の患者は何らかの要因によってcGMPの量が減少しているため、活動するPDE5の量を減少させて勃起を起こりやすくさせるのがバルデナフィルを服用する目的です。
バルデナフィルと同じ作用を持つ医薬品は「PDE5阻害薬」と呼ばれ、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルや、シアリスの有効成分であるタダラフィルも、PDE5阻害薬に分類されます。
レビトラには10mgタイプと20mgタイプがあり、どちらを選択するかで薬効の持続時間も変わります。
効果が持続する時間は、10mgタイプを服用すると5時間から6時間程度で、20mgタイプを服用すると8時間から10時間程度となっています。

ただし、この持続時間は空腹時に錠剤を服用するという最も適した用法におけるものであり、食事中や食後すぐの時間帯に服用すると、薬の成分が胃壁にできた油膜を通過できないため、持続時間が短くなります。
食後にレビトラを服用するのであれば、食事が終わってから3時間程度経ってからにしましょう。

レビトラを安く手にいれるには?

レビトラは通常は病院へ行って処方して貰う必要がありますが、病院で処方して貰う場合は保険適用外となるので費用の負担はかなり大きくなります。
特に使用頻度が多い人ほどその負担の大きさを無視する事が出来なくなってきますが、少しでも安くレビトラを手に入れる方法についてここでは説明をします。
その方法というのは、個人輸入代行を行っている業者が運営している通販サイトを利用して海外で販売されている医薬品を入手するという手段です。
どうしてそのような事をする事で安くレビトラを手に入れる事が出来るのかというと、レビトラのジェネリックも購入する事が可能だからです。
薬を販売するまでにはそれまでに苦労して研究開発が行われ同時に多額の費用が発生しますが、それら罹った費用の分も製品を販売する事で取り返したうえで儲けなければなりませんので、その分だけ販売価格が高くなります。

そして薬を販売するまでには特許を取得しているので、その特許で守られている限りは他の製薬会社が類似品を販売する事は出来ないです。
ただ、特許には有効期限があるのでその期限を過ぎていれば他の製薬会社も真似をして販売する事も出来るようになります。
そうして他社が既製品を真似て販売するようになったのがジェネリック医薬品であり、研究開発コストが抑えられる分だけ販売価格が安くなっているのです。
レビトラの特許はまだ有効なので普通ジェネリックは販売されていないはずなのですが、インドでは成分特許が認められていなかったのでレビトラのジェネリックが存在しています。
そうしたインドジェネリックと呼ばれる製品を購入すれば通常のレビトラと効果は同じでありながら安い価格で手に入れる事が出来るようになっています。

レビトラのジェネリックはどんなものがある?

即効性があり副作用も比較的少ないことで人気のあるレビトラは、日本でも認可され泌尿器科や専門クリニックで処方されています。
水やエタノールに溶けやすく、服用してから20分ほどで効果があらわれるほど吸収効率の良いレビトラは、性行為のタイミングを合わせにくい時でも利用できることから、日本では多くの人に支持されています。
しかし、先発医薬品という点と、健康保険が適用外という問題から、1錠当たりの薬価が高く、気軽に利用できるものではありません。

少しでも安い購入を目指す人もいて、海外で流通するレビトラのジェネリック薬品を探すことも多いようです。
レビトラは特許がいまだに切れておらず、条約に従ってジェネリック医薬品を製造することは認められていません。
唯一、インド国内においてのみ成分特許に関わる法律がないことから、インドの製薬会社が同じ成分を使用し、異なる製法でコピー品を製造しています。
この商品は販売価格が先発医薬品の半分または最大で10分の1まで安くなっていることからジェネリック医薬品とも呼ばれ、レビトラが高くて普段使いとして利用できない家庭で購入されています。

通常のレビトラは1錠単価が1,500~2,000円ほどかかるのに対し、例えば同じ成分を使用して製造されたバリフであれば160円前後で購入できます。
同じくジェビトラであれば150円、サビトラであれば300円を切るくらいの相場です。
主に錠剤が多いですが、中には飲み込むのが困難な人のためにゼリー状のものが販売されたるなど、異なるED治療薬の成分を配合し、レビトラの即効性という特長を生かしながら、別の成分を取り込んでいるものもあります。
早漏症の治療薬となる成分を配合して、EDと早漏の2つの症状に対応するものも販売されているようです。